2010年12月30日

台湾名産 からすみ

2010090700370000.jpg


 知人からからすみを頂いた。
 からすみとは、ボラの魚卵を加工した食品で、中国から日本に伝わり、それを豊臣秀吉に献上した際に名称を尋ねられ、とっさに、書に使う中国製の貴重な墨にあやかって「からすみ」と答えたことから付いた名称である。もともとは鰆の卵を使っていたらしいが、漁獲数の少ない鰆に代わりボラが用いられるようになった。イタリアでもボッタルガとして珍重されている…
 というようなうんちくは知っているのだが、けっこうな高級品である。味わえるほど大きな固まりを口に入れたことがなかった。それが大変な幸運に与った。真にありがたい!


2010090700370001.jpg


 箱を開けるとこんな固まりが出てきた。唐の墨には見えないが。


2010090700410000.jpg


 ひとくち食べてみる…
 口の中に拡がる、渋み、甘み、深み、ねっとりした感触… 美味い!
 同じ魚卵でもタラコ、数の子、キャビア(まともに食べたことないけど)とはぜんぜん違う食感。ウニとホヤを練って羊羹のように固めたような味と言えば伝わるだろうか。ムリか。
 とにかく酒が進むんだ。
2010.12.30
posted by たべるぽ at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。